2016年02月17日

放置しておくと危険なの? 子宮筋腫

子宮筋腫

このキーワードで検索すると「放置すると危険」と、ことさら危険性をあおるページを見かける。
記事を読めばちゃんと注意喚起する内容なので問題ないのですが、タイトルで涙が出ちゃいますよね(人のこと言えないけどwww)

危険、確かにそれもあるかもしれない。
でも検査結果が「子宮筋腫」ならそれはあくまでも良性でかつ、生活に影響がなければ10p以上の筋腫がごろごろしていても手術する必要はないことも多いことを知ってほしい。

もう何度も書いていますすがまた書きます。

かつては筋腫が悪性化することを恐れ、「子宮まるごと」とる手術も多かったらしいですが、いまは手術の技術も先生の腕も、使用機器もすべてが優れ、「筋腫だけ」きれいに取れることがほとんどです。

むしろ細かいの100個、なら13p3個、の筋腫のほうが、ある意味手術はやりやすい
(先生談:その先生、が、やりやすいだけで全てには当てはまらないそうですが。
私のために言ってくださった言葉かも)

私の場合、でかいのが複数なのでやるなら「開腹手術のみ内視鏡は絶対バツ」と何度も注意されています(苦笑)

さて、私が筋腫が分かったのは30代後半。
これが20代で新婚とかだと悩みの種類が違います。
ダントツに気になるのは「子宮筋腫による不妊」ではないでしょうか。

妊娠を意識して早めに小さいうちに筋腫を除去したらあっという間にまた子宮筋腫復活ということもあるので、若いうちになると手術との見極めが本当に難しいらしいです。

でも。

なんどもいいますが、子宮筋腫は悪性肉腫でも癌でもありません。

だから、筋腫と聞いて驚いた女性も、驚きすぎて泣くことがありませんように。

ただ、一度はMRIを撮って検査して、肉腫の疑いがないかしっかり検査してください。
posted by ゆみこ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮筋腫 検査
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174094484
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック