2016年05月10日

よりよくわかるストレス発見法

昨日ストレス発見法についてちょろっと書いたところ、
思ったよりもアクセスがあったので

あーみんな、ストレスってストレスなんだな」とかつまらないことを言いました。

さて、今日はより具体的に書いてみます。

まず、昨日ざっくり書いた、
一日の行動を(必ず毎日行っていること)を書きだす。

1.朝何時に起きる
とか
2.何時何分のこの電車の何両目に乗っているとか

具体的に「眠れない理由」をさがすなら

寝具についてもリスト化するといいかも。

1.いつも使っている枕
2.ブランケット
3.ふとん
4.ぺっと
5.だんな

みたいな感じで(笑)

それらを書きだしたら一つ一つに手を置いて、反対の手ではオーリングを作って家族に協力してもらう。

すると意外なことが分かります。

「あれ?枕が合ってないの?」
とか、
「旦那のいびきがストレスだったの!」
とか。

そこをちょっと変えると、「ちゃんと対策した!」という安心感か、
眠れるようになったりするのでお試しあれ。

睡眠に関して言えば、眠れないときはそんな日もあるさ、とおきいていたほうがストレスになりません。
私は病気宣告のあと、目がさえて(怖くて)眠れなくなった日々がありましたが、むしろネットで病気について検索しまくったり、図書館にいって婦人科系の病気の本を読み漁ったりしました。

ちなみに通常の私は布団に入ったら3秒で眠れます

女性にとって婦人科系の病気は、はたからみてわかってもらいずらいだけにストレスです。

それだけでストレスです。

ですから、

「うおおおおお、少しでも軽減させてやるぜ」

って自分で自分の体をいたわらないと、

倒れちゃいますよ?

↓↓ランキング参加しました↓↓



posted by ゆみこ at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175237812
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック