2016年08月10日

顔を触る癖が原因の一つだった

今日はまたまた肝斑のお話をば。

トラネキサム酸配合のトランシーノ
ネットで美白要素満タンで人気が高いビーグレン

これらを昼と夜で使い分け、肌の調子&首(最近は首にもすごい気を使ってます)が白くなったといわれます。

で、くどいようですが、茶色いジェルを塗って拭ったら残っちゃったあと、みたいなしみ。
肝斑はどうかと言いますと・・・うぬぬ、

まだよくわかりません。

ただ、ハーブや漢方やお医者様に言われて大きな原因に気が付きました。

普段私は、顔を触りすぎる!!!

ストレスを感じると口の周りとか、頬骨の下とか無意識に触っているらしく、「変顔になるよ」と家族から言われるほど。

これ、もう何年も、何度言われても治らない・・・。

すると知人から「顔を触りたくなったら、首をリンパに沿ってなでるようにさわったら?」

おおおおおお!

代償行動ってやつですか?

確かにそれならなんとかできそう・・・と実践中です。

あと、コーヒー大好きっこなのですが、近々ダンデライオンハーブティーに変えようかと思ています。

なんでも味はコーヒーに似ていて、かつ、肝機能の働きを助けてくれる効果があるとか。

購入したらまたご紹介しますね!(乾燥したシイタケみたい・・・)

↓↓ランキング参加しました↓↓


posted by ゆみこ at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 肝斑対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176423685
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック