2016年08月26日

エアコン咳がとまらない

昨日ちらっと書きましたが、外に出たり、自宅に帰るとまったくしなくなるのに、

会社などオフィスのエアコン環境にいると出てくるの私の空咳。

風邪をひいたような咳と違い、こほっこほっ、という感じの渇いた感じの咳。

夏型過敏性肺炎じゃないか?
なんて言葉が頭をよぎります。

わが家は今年エアコンを新しくしたのでカビができているというのは少なくとも今年はない。

自宅ならば掃除すればいいわけで、自分で決めて対処ができます。

が。

オフィスとなるとそうはいきません。

設備にお金がかかっていますし、オフィス全体となるとカビ取りとなると結構な予算が必要です。

でもオフィスにいる人、結構な人数が空咳しているの、私は気が付いています。

せっかく貧血に対応してから肩こりが改善して絶好調なのに・・・。
仕方ないので大型マスクで対処です。
これだけでもずいぶん楽になりましたので原因はやっぱりエアコン・・・おええええ。

さて、この夏型過敏性肺炎は原因(つまりエアコンの掃除をする)に対応すれば自然と治る場合が多く、むしろエアコン掃除しても治らない場合は別の原因で肺に病気がある可能性が高いとのこと。

ひええええ。って感じです。
最近のエアコンってあれ、自動で掃除しているじゃないですか?
専門家に聞いてみると、
「自動でやってくれることが増えれば増えるほど、エアコンは精密機器となり、かえって本格的な掃除は専門職になってしまうとのこと」
あ、たしかに。

そういえば、大人気ブロガーのchikirinさんがエアコン掃除にはお金をかけているって記事を書いておられたっけ。

お子さんでも、夏場だけ咳が止まらない場合はこのエアコンのカビによる肺炎の可能性がありますので、ぜひお掃除を。

もしくはエアコン専門のクリーニングをしてもらうといいと思います。

↓↓ランキング参加しました↓↓


posted by ゆみこ at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176622114
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック