2016年10月17日

筋力不足による腰痛にはこれしかない

子宮筋腫の症状の一つに「腰痛」があります。

私の場合、幸いなことにほとんど感じない症状なのですが、

最近猫背とか、その、

受け止めたくないのですが、

加齢&運動不足によるぼんやりした腰痛を感じることがあります。

なんでもかんでも子宮筋腫のせいにしちゃいけませんよね(自分に言い聞かせてます)

じゃあ、筋肉つけましょうってことでいきなりダンベルとか室内でできる運動を始めちゃう方がおられますが、ここが危険!!!

筋肉がない → つけなくちゃ! → 運動 

= 細くなった筋力が突然の運動に耐えられず、「ぎっくり腰発症」

がとても多いそうです。(マッサージに行ったら教えてくれました。)

すでに腰に痛みを抱えている人は、何の準備もなしにいきなり腰の筋肉をつける運動をすると、ぎっくり腰などの「元も子もない」症状を抱える可能性があります。

何のためにこの世にはサポーターやらがっちり腹巻(ほかになんか言い方ないかな:(笑))があるのでしょうか。
例えば有名ところでは、芸能人のヒロミさんが開発したお腹のサポーターがあります。
↓↓↓
【Vアップシェイパー】


これに限らず、腰をしっかり支えてくれるタイプのサポーターを付け、ゆっくりゆっくり筋力を取り戻すことが必要になります。
いろいろ試して40代になってから11キロ痩せた私はうるさいですよ(ははは・・・

くどいようですが、40代になってからなるぎっくり腰は・・・来ます・・・長引きますよ。

特にダンベルは「手とか腕とかの筋力のためのものでしょ?」とおもって安易に使うと「腰」にきます。
(経験者は語る:← やはり経験したことあり!(笑))

幸い、ぎっくり腰まで行きませんでしたが、悪化してしまったことあり、自宅で安易にできる運動は40過ぎたら腰をしっかり安定&カバーが必要です。(思い出して泣きながら)

私が保険と騒ぐくらい、必要です。

あ、腰を支えるものですので、これに関してはちょっと奮発してしっかりしたもののご購入をお勧めします。

私は最初2000円程度のものを買ったのですが、柔らかすぎてサポートの意味が無くて大失敗。
でも捨てられず(ああ)むしろ飾って反省材料にしようかと・・・。

そこ行くとヨガとかすごくいいんですが、それはまた別の機会に。


↓↓ランキング参加しました↓↓


posted by ゆみこ at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮筋腫 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177285202
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック