2017年06月22日

生理痛レベル7

女性というものは、

通常であればまたは、体調が良ければ月に一回程度の

月経なるものがある。

さて、これは女性のホルモンが関係しております都合上、

っていうか簡単に言えば、

子宮の中に用意した赤ちゃんのための血液ベッドを使わなかったので、それを子宮壁からひきはがすさいにおこる

「生理痛」なるものが

存在いたします。

字のごとく事前に痛みを感じたり、

はたまた

メンタルに影響があったり

最中はお腹が張ったり、下ったり、

熱が出たり

まあ、こういった症状が出ることがあります。


子宮筋腫の場合は、「月経にレバーのような混ざりもの」の有無を確認する程度でいいと思いますが、


生理痛ってコワイのは

人によって症状の出方が全く違う
ってこと。


私の場合、

なりたてのころはひっくり返るほどの痛みがあったものの、

20代になって落ち着いてくると、頭痛腹痛などの痛みも、熱も特になく、
始まる前にイライラする程度に落ち着きました。(家族は迷惑だろうな)

ひどさをレベルにして、1を一番下だとすると、私は、まちがいなく「レベル1」



さて、症状がすごい方になると、

月経期間中立ち上がれない、へたすりゃ寝たきり
痛みや吐き気、月経過多が襲ってきて大変。




という方も多くおられます。

これは、トップクラスのレベル7(てきとーだな!)


もうね、薬で痛みを和らげるしかない。

あとは体の成長に合わせだんだん無くなっていくことを願うしか。


残念ながら

子宮筋腫にいい治療法も、予防方法も薬もないのと一緒で

この生理痛にも「これ」という薬はありません

つらい場合はまずは婦人科へ行って状態をチェックしてもらい、処方薬をいただく、
効き目がなかったら相談と、

地道に、もう本当に

地道に「自分に合う痛み止め」を探し(痛み止めは本当にきついものが多いから気を付けて)
地道に「ホルモンバランス」ととのえ、

対抗策を練るしかありません。

ああ、早くいい治療薬でないかな・・・。


結局人によってあまりにも症状やらそれに合わせた対応がばらばらだから、

「自分にあったもの」

を見つけるのが大変なのですよね。

大切なのは「あきらめないこと」



ふー。

病院探すだけで散々ジプシーしたしな・・・。(遠い目


↓↓ランキング参加しました↓↓



posted by ゆみこ at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 月経
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180120748
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック