2017年07月10日

彼女を笑える女性はいない

毎日過激な一人夫婦喧嘩をレポートしている

松居一代さん。

最初は面白がっていたマスコミも、

彼女がヤバいと思いだしたのか、

それとも、うっかり構うと何をしだすかわからない危うさに気付いたというか。

ものすごい及び腰報道になってきております。


彼女のご長男は、就職して独り立ちして至極まっとうに税金を納める素晴らしい社会人となり、
芸能人の両親を持ちつつ、目立たず普通の生活を選んだ青年。


その青年は今どれほど世間から



「お前のかーちゃん、病院連れてけ!」



と直接、間接、目線で言われていることだろう。


かわいそうだ。

「普通」な彼が「ひとり炎上中」「あのオーラ満載かーちゃん」に太刀打ちできるわけがない。

普通の幸せをきちんとつむごうとしている彼がかわいそうだ。

船越さん彼を守ってあげて!


正直、あの状態になってしまったら、
無理やり南の島へ拉致して、
周りを彼女をほめちぎる人しかいなくして、
こっそりその中にお医者様を混ぜるしか手がない気がする。







私も何もかもうまくいかないときがあって、
1年くらい、荒れたことがあったけど、あの時代は今ほどネットだらけじゃなかったし、
ニコニコ動画もYoutubeもなかったし、

穏やかに過ごしていたら立ち直れたけど、いまはかえって情報だらけだからそれに溺れてしまうのかもしれない。

あれって、

完全にホルモンバランス崩れているかメンタルやられちゃってるから、収まるまでそっとしておくしかないし、本人が目を覚ますまでどうしようもない。

怒り狂った王蟲には、虫笛も光玉も効かない

って状態ですもん。

私は彼女から目が離せない、

かつての母を見るようであり、うっかりするとなってしまう自分かもしれない。

そう考えるとお子さんがいま成人していてよかった、本当によかった。
でなきゃ間違いなく、はけ口になってたはず。


子供がいて、旦那さんがいて、テンコ盛りの資産とそれを増やす才能があって、どうしてああなっちゃうの?

他人事なのに、他人事じゃなくて、ため息。

月経前のイライラを無くすべく、命の母Aホワイトを飲むか悩む。


↓↓ランキング参加しました↓↓


posted by ゆみこ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ホルモンの影響
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180296652
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック