2017年08月02日

より濃厚な病気情報を検索する方法

昨日備忘録もかねて、今まで自分が旅行した県をずらずら書き連ねてみたのですが、

ショックなこと…

それは

ほとんどが

遠足
修学旅行
社員旅行
無理やり行かされた町内会の旅行

だったということ・・・。

なんて狭・・・。

いやいや、私の時代ですらこれだけ修学旅行で行ったのです。
今なんて海外もざらですから。

さて、今回はTwitterで知った新しい検索方法をご紹介。

まず病気について知りたいなーと思った時、ただ病名だけで検索すると

どうしても健康食品などのサイトが検索に上がってきてしまうことがあります。

これは、病気について知ってから、自分にとって必要なものを知ってからじっくり見たいですよね?

まずは、病気だけについてより深く、詳しく知りたい場合、

「病名」+「go.jp」

検索すると政府機関、医療関係、研究関係の公式サイトだけが検索できます。
(go.jpってそういうところしか使ってはいけないドメインらしい)




すばらしいですよ、この方法。

が、

ちゃんと落とし穴も。

レベルが高すぎて、高すぎて(二回言いました)いわゆる一般のサイトがいかにかみ砕いた表現で紹介してくれているかわかります。

とはいうものの、

そうして検索して私が見つけた記事をご紹介。

まずは私も体験した「筋腫ではなく肉腫」について。

国立がん研究センター、希少がんセンターのサイトです。

子宮の肉腫についての質疑応答がまんま私が体験したものに似ています。

ただ私の場合「子宮筋腫」がでかく、もし肉腫だとしたらとっくに天に召されておりますよ、(だからただの筋腫以外ありえません)という結果だったのです。(それも怖いな)

肉腫って実はがんより怖い(というか、情報が極めて少ない病気です。

こうした「希少がんセンター」の情報はとても貴重だと思います。

興味ある方はぜひご覧ください。


↓↓ランキング参加しました↓↓



posted by ゆみこ at 07:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮筋腫 症状
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180520988
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック