2018年02月01日

消したいのだ、私は!

肝斑が目立たなくなってから、

本当に気になって仕方がない

「しみ」



「いぼ」

泣きそうになりますよ、目立つんですもの。

気になる方は私と肝斑との戦いをカテゴリからご覧ください。

肝斑との戦い


とくに

うっかり

杏ジェル



ケアを忘れたり、ほったらかしたりすると

「にょき」

出現する新たなシミ



どうなっているのでしょうね。



40代末期は、お肌の代謝も自分で「ケア」しないと

シミ直結です。

サボっていました。

ごめんなさい。

杏ジェル塗り塗り。

そのあとは化粧水でパッティング。

肌は白くなる必要はない、シミが消したいのだ!
わたしは!

という願いを込めて

古い皮膚をはがしております。


↓↓ランキング参加しました↓↓



posted by ゆみこ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮筋腫とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182294389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック