2018年12月06日

私は子宮筋腫のいち患者です。

私は子宮筋腫の患者で、

その子宮筋腫は大きいけれど、

手術が恐くて今一つ外科手術に踏み切れず

閉経待ち経過観察中という状態です。



で、


その過程で、子宮筋腫を肉腫と診断され、余命宣告。

ホスピスしかないかと思いつつ、

精密検査して検査して検査したら

「肉腫じゃなくて、どでかい筋腫でした」というオチになり、

自分の病状と、経過観察中に感じたことあったことを

メモ代わりにするためこの日記をつけています。



なぜブログという媒体で発信しているかというと、

「子宮筋腫経過観察者の体験談がネット上に少ない」

と思ったからです。



全てが実体験、

ただ身バレ防止のため、体験した時期をずらして書くこともあります。



何がいいたいのかといいますと、
診断も受けないうちにいきなりネットで体験談を読んでうのみにしないほうがいいということです。



私はあくまでも一(いち)患者でしかなく、

自分の体験と、家族、同級生、知人などからの実際聞いた話、体験は書きますが、

医者でも医療関係者でもありませんので

視点はあくまでも患者です。


なので、


私の日記を見てお医者様に行かず、

「あたしも筋腫かな、でもゆっくりでいいらしい」

などとうのみにせず、

まずは病院に行って検査して、診断結果がでてから、それをもとに体験談を読みましょうね。

できれば、

病院での診断→病名判明→病院などの公式サイトで正しい情報を得る→体験談を読む

これくらいの流れが必要かと。



いきなり自分だけの判断でネットの体験談を読んで勝手に診断しては危険です。

ネットは大変便利ではありますが諸刃の剣です。




一番いいのはきちんと検査したうえでの早期発見。



体験談をネットであさるのは、最後でいいのです。

ただ、どの病院がいいかという通院前の調べはしてもいいと思いますし、すべきと思いますが、こと病状に関しては絶対にシロウト判断はいけません。

公式サイトの検索の仕方も以前書いていますので参考にしてみてくださいね。

http://jyoseinobyouki.sblo.jp/article/180520988.html


↓↓ランキング参加しました↓↓



posted by ゆみこ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮筋腫とは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185146971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック