2020年02月05日

パンデミックとは

1月に中国を訪問したWHOの事務次官さんですが、

国家首席と楽しくおしゃべりして、帰ってきたばかりだというのに、

今度は専門家による調査チームをつくって派遣するのですって。

「調べたら中国でもたいしたことなかったよ」

が、ありきすぎて

腹が立つよりも、

「とにかく中国ってすごい国になったんだなー」

とおもうばかり。



ちなみに

本日5日づけ読売新聞のトップに掲載されていた数字を転記しますね。

中国(ついこの間まで感染者数1万人だったのに)感染者20490人(425人が神の国へ)
タイ、日本、シンガポールに20人以上の感染者数。

ちなみに中国のかた達の旅行先ランキングとほぼ連動。

さて、

WHOさんが調査する前から否定している「パンデミック」ですが、

いまの状態がパンデミックでなくてこれからもパンデミックにならないとするならさぞかししっかりした規定があるのだろうとしらべてみました。

「感染症や伝染病が全国的・世界的に大流行し、非常に多くの感染者や患者を発生することをいいます」

そうか、まだ各国多くても20人程度しか確認されていないからパンデミック扱いにならないのですね。

ある時を境に一気に広まるからパンデミックなんですが、

いまどれだけの潜伏期間中の患者さんがいるかわからないし、
症状が出ていなくて歩きわまっている患者さんもいるかもしれない。

うーん。確かな情報が知りたい。

とここを見る↓↓↓

国立感染症研究所
https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc.html

これだけホットな話題の新型コロナウィルスがトップデータから見られないのは私の目が悪いに違いありません。
または、予算が足りなくてサイトの更新ができないのでしょうか。

それにしたって一寸異常な感染率です。

だって、豪華客船(3500人も乗ってた)で一人だけの感染者が一寸の期間乗っただけでしっかり別の人に感染しているんです。
(今朝の新聞では未発表ですが、現在複数人数の感染が確認されたと速報あり)

つまり、一寸したハグとかでもう感染しているんじゃないですか???

↓↓ランキング参加しました↓↓

posted by ゆみこ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187123072
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック