2022年01月17日

血腫とったどー

もう数年前からこの日記にも度々書いていました。

老人性血腫。




先週末、

体にあった巨大老人性血腫とあちこちに散らばった血腫をとってきました。

お医者様いわく、1つ、思ったよりも大きかった。

とのことで、

くりぬいて、縫合した

とのことです。

皆様、老人性血腫は体質にもよりますがかなり大きくなります。

6mmを目処に、レーザーでささっとやくか

外科手術というか切開してとる、のが分かれるそうです。



部分麻酔でしたので

どちらかと言えば、その麻酔針を刺すときが一番痛かったです。(ひいいいとか言いました)

抜糸にもいかないといけないので、

結構な手術感です。



皆様、老人性血腫(赤い血豆のようなほくろ)ができて、

あれよあれよと大きくなったら

6mmという大きさになる前に、皮膚科か整形外科にご相談を。

美容系のクリニックですと、レーザー対応なら1個8000円くらいでしてくれるようですが、

老人性血腫は医療保険対象らしく

病院でとれば小さな血腫1つ、1500円程度、
6mmを越えた血腫の外科手術対応、8000円程度だと思います。
(個人の血腫の状態、大きさ等により変動あり)

摘出した血腫は悪性ではないかちゃんと調べてくれます。

きれいになおるまで2、3ヶ月かかりますが

逆に言えば、気になっているなら(特に顔にあるほくろや血腫)は

マスクが必須な今こそいいタイミングではないかと思います。


私の場合、もっと早くやればよかったというのが実感ですが、

いまのレーザー機械とか電気メスとかものすごく性能がいいらしいですから

まあ、今でよかった(自分に言い聞かせ;繰り返し)
↓↓ランキング参加しました↓↓


タグ:老人性血腫
posted by ゆみこ at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 40代 アンチエイジング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189276270
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック