2022年04月18日

世代交代

最近ご近所さんがどんどん世代交代していまして

感慨深いものがあります。

思い出すなぁ。

うちの玄関の真っ正面にある窓を

真冬でも開けっぱなしにして

24時間無料セコムしていてくれたおじさまも、(下町にありがち)

雨の日でも、夜10時でも私が外出する際は道路に出てきて掃除を始めるセコム2号のおばさんも
(あそびに来ていた友人からは4コマ漫画みたい〜といわれていました)

何がなんでもいちゃもんつけてきたおばさんも

皆、天に還られたり、

ご存命でも大変丸くなられました。

お陰で24時間感じていた

監視が少しずつとかれていく感じがして、ああ、私も大人になりました(アラフィフです)




さて、

今回何が言いたいかと言いますと、

ここ1ヶ月ご近所問題でもめています。

ようやく解決の目処がたちました。

が、これからおうちを買おうと考えているかた

是非以下の場所は避けてください

1 お店をやる、事務所をつくる以外、居住のみの目的の場合の商業地区
2 土地の登記がしっかりしていない、境界線がしっかりしていない
3 家の回りに1つでも私有道路がある
4 (可能なら)大手のつぶれなさそうな不動産屋、建設業者を使う
5 自宅の日のでの方角に大きな公園、駐車場がある(近いうちにビルがたつぞ)
6 おとなりさんが高齢の独り暮らし(だれが相続するか不明)
7 資金に余裕があるなら、大島てるだけじゃなくてご近所問題の有無を探偵使って調べる
8 ご近所に貼られている選挙ポスターが1政党だけやたら多い
9 ご近所のひとつにやたら監視カメラつけまくりの家がある(絶対ご近所トラブル)

え〜

いくつかは別として、こんなの常識じゃない

と思われたあなた。

家を一生懸命探していると、人間判断能力が下がってきます。

妥協が必要だと洗脳されまくり、

気がつけば商業地区に買っていたとかざらにあります。

エキチカまたは都市部でありながら建売があまりにも安い場合、

土地登記がしっかりしていないなんてざらです。

不動産屋の言ういい評価は2割程度と考えて

あと8割りは自分で調べましょう(登記に関しては不動産屋さんに見せてもらいましょう)

一生をかけた、子供にも皺寄せとなりうる買い物です。

住宅のストレスは、

女性には子宮筋腫
男性にはハゲ

といったものの原因になります(持論

↓↓ランキング参加しました↓↓

posted by ゆみこ at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189473485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック